青い鳥文庫「レベッカと夏の王子さま」

レベッカと夏の王子さま

森と湖の国フィンランドを舞台に繰り広げられる、元気な赤毛の女の子の物語。

原作はフィンランドの作家トゥイヤ・レヘティネン氏。   編集サイドからは、「翻訳作品なので、バタ臭い感じのキャラクターを作って欲しい。」とのことでした。   北欧特有の文化などに配慮しつつ、楽しく描けた作品です。

折り返しカット <カバー折り返し カット>

本 文 挿 絵 か ら 抜 粋

挿絵1 「家族で引っ越し」
挿絵2 「故郷の島を離れて」
挿絵3 「アスコット競馬ごっこ」
挿絵4 「レベッカの誕生日パーティー」
挿絵5 「タンポポを君に」
挿絵6 「着せ替え人形作り」
挿絵7 「占い師に変装」
挿絵8 「毒入り?マフィンは食べちゃだめ!」
挿絵9 「みんなの劇が新聞に」
挿絵10 「ふたりで釣りに」

トゥイヤ・レヘティネン/著 末延弘子/訳 石井三捺/画 (2009年:講談社)


inserted by FC2 system